人気の高い国内MBAスクール 早稲田大学ビジネススクール

MBAとは、Master of Business Administrationの略で、経営学の修士課程修了者に与えられる学位である経営学修士のことです。かつては留学によって欧米で取得することが前提の学位でしたが、バブル崩壊後に進展していった日本ビジネスのグローバル化をきっかけに、日本国内でもMBA取得コースを設けた大学院が急速に増え、今では国内でMBAを取得することが主流になっています。

現在、国内にはたくさんのMBAビジネススクールがありますが、その中でも早稲田大学ビジネススクールは人気の高いビジネススクールで、2012年の「通いたいMBA大学院ランキング」では、東日本の部で第2位にランクインし、立地条件の良さや知名度の高さなどから人気を誇っています。

早稲田大学ビジネススクールの魅力は、アカデミック出身と実務家出身の教授を多く擁していて、両側の側面で幅広く学ぶことができる点です。さらに、海外の大学と提携し、互いに相手国の大学でも学ぶことができ、2つの大学から同時に2つの学位を取得できる「ダブルディグリープログラム」を、2006年に国内で初めて実施したのも、実践的で多様性のある指導に力を入れている早稲田大学ビジネススクールならではの実績でしょう。

早稲田大学ビジネススクールには、英語で履修する「英語プログラム」もあります。海外留学はできないけれど、本格的に英語でMBAを学びたい人にお勧めのプログラムだと思います。”

最新記事